読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆる糖尿病食と手芸

糖尿病の家族と食事で体質改善していきます♪

食べたい、我慢しない、無理しない

糖尿病になると治らない。注射になると、もう治らないと不安になったり

食事もお年寄りみたいなものだったり、仕事で飲み会に参加しても

思い切りだべれないし、でもどんどん食べろって言われ、断れないとか。

イライラする日もあれば、不安になったり、食事の管理ももがんばっているのに全然よくならないよ~って、なりますよね。

我が家も、昔は祖母が糖尿病予備軍だったり(夜中にホウレンソウとベーコンにバターとマヨネーズとチーズを炒めたものをよく食べていたようです。。。ケンタッキーとか)なので、洋食コッテリ好きな祖母用に私が和食を作って持って行っていたのですが

夜中にこっそり、兄とピザを食べていたりそんな食生活でしたが、和風でも工夫したらなんとか、楽しみながら受け入れてくれるようになり。今では逆に痩せてしまい親戚から「大丈夫??」と聞かれています。

そんな祖母に受けがよかったもので思い出したものが一つ。

おはぎもたくさんつくってしまうとどんどん食べてしまうので、この年はたしか、もち米(半殺しとも呼ばれる、すりこぎなどで半分くらいついたタイプで、おはぎ用よりはモッチリ感があるので食べごたえがあるんです)に自家製のなめたけとぶろっこりーであんかけにしたものを一緒に出しました。

もっちもちの半分ついたもち米のごはんで食べごたえもあるし、中に柚子味噌と肉みそをまぜたものを包んでいるので風味もいいですよ。

おはぎは市販の1口おはぎのように、チョコレートのトリュフくらいのサイズで、きなこ、ごま、あおさ、あんこ、枝豆のあんの5種類を詰め合わせにして少しずついれました♪

おはぎを作るときにつくりすぎても、乾燥するしどうしようかなというときは、ぜひおひるごはん用に、このなめたけバージョンもお試しくださいね。

ちなみに、現在の主人は糖尿で入院後、私と結婚してから2か月後にはお医者さんもびっくりの数値に下がったのでまたその頃、だしていた食事の日記もすこしずつ思い出していこうと思います

f:id:recipeyururira:20170220172500j:plain

 ブログ村にも参加し始めましたので、よかったらポチっとお願いします

にほんブログ村 料理ブログ 糖尿病食へ
にほんブログ村